化粧水

肌のバリア機能を回復する

レディー

正しいスキンケアが必要

敏感肌というのは病名ではなく、強い洗剤や化粧品を使った時に肌に刺激を受けて肌荒れを起こしたり、赤みが出たりする症状のことを言います。ですから病院で血液検査などをして、敏感肌という症状がわかるわけではないのです。敏感肌の主な原因は体質とかストレスとか普段のライフスタイルが影響していると言われています。花粉症やアレルギーが原因の場合もあります。特に乾燥肌になると肌のバリア機能が壊れて、デリケートになりやすいのです。なるべく乾燥肌にならないような対策をとれば、敏感肌の予防になります。また間違ったスキンケアをしていると、肌が刺激を受けて敏感肌になりやすいのです。そのためにはなるべく自然素材の配合された化粧品を使うことです。

食生活の改善と貧血防止

敏感肌を防ぐためにはライフスタイルでの工夫が必要になります。そのためには身体の内側と外側からなおケアが必要です。内側からのケアというのは主に食生活です。例えば白米よりも玄米や雑穀の方が肌には良いのです。特に玄米の表皮やオオムギ、オートムギにはビタミンEセラミドなどがたくさん含まれているので、乾燥肌の防止になります。また女性の場合は貧血になるとお肌の状態が悪化するので、貧血防止のための鉄分補給が必要です。レバーや赤身の肉や魚などです。食事で取れない場合はサプリなどを利用するのも効果的です。外側からのケアというのは紫外線防止です。紫外線はお肌の大敵で、肌荒れの原因にもなるので外出する時には日焼け止めを常に携帯して、数時間事にケアすることが必要です。